一般的な住宅ローンとフラット35の審査基準の違いは?

住宅を購入する際、たいていの方は民間の金融機関から住宅ローンの借り入れをするのが一般的だと思います。
住宅ローンで借入する際は、完済年齢が80歳までという審査設定があるようですね。
これは最近人気のフラット35でも同じことが言える様です。
フラット35は、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提携して出来た新しいタイプの住宅ローンで、35年間低金利でローンが組めるのが最大の特徴です。
個人的には、フラット35は一般的な住宅ローンの変動金利と固定金利の良い点が合わさったローンと考えています。
フラット35の2014.
7月現在の金利は、1.
769%という低さです。
これが35年間変わらないわけですから、長い年月ローンを組むうえで、何よりも安定性を求める方には最適なローンですよね。
住宅ローン審査基準甘い銀行は?通りやすい!【勤続年数と年収】