転職理由の書き方は?

転職をする理由は人それぞれ。
「転職してはいけない理由」はないので、どんな理由でも転職をする事は可能です。
しかし、学校を卒業してすぐに就職をする場合と違い、転職する際には、必ず面接で「なぜ転職をしようと考えたのですか?」と転職の理由を聞かれることを頭に入れておきましょう。
転職の理由には、「現在の会社が嫌い」「やりたい仕事ではない」「残業が多すぎて疲れる」「人間関係がうまく行かない」など、マイナスの理由で転職をする事もあると思います。
転職するなら、できればプラスな理由で転職したいものです。
もちろん、面接ではプラスの転職理由を伝えても、心の中に持っている真の転職理由はマイナス・・・ということもあると思います。
そんな時には転職を考える前にもう一度考えてみてください。