自営業住宅ローンの節税とは?

自営業で住宅ローンを組もうとしたら、節税が裏目にでて審査落ちしたという話があります。
これは、銀行や保証会社の審査のポイントとして、安定した収入を得ている人という原則があるからです。
自営業では、必要経費をあげることが出来ますし、家庭で使うものでも仕事にも利用しているとなると、利用率で計算して繰り入れることが出来るのです。
ですから、節税対策として、認めてもらえるだけめいっぱいの経費を計上してしまうと、課税対象額が少なくなるというわけです。
けれども、少しばかりの税金を逃れる為に、収入を少なく見せていると住宅ローンの審査では不利になってしまいます。
こんな赤字ギリギリで自営している人に住宅ローンを貸しては危ないと思われてしまうので、ほどほどにしましょう。