脱毛サロンと医療脱毛ってシステムが違うの?

昔の医療脱毛って、ニードル脱毛、つまり針脱毛が主流だったんです。
細い針を毛穴に刺して電流を流し、そのショックでムダ毛が作られる細胞をこわしていました。
でも、最近はレーザー脱毛で施術が行われることがほとんどで、強い光を毛母細胞などに照射して、短時間で施術が行われています。
脱毛サロンでの施術はどうかというと、こちらもほとんどがレーザー脱毛になっています。
では、医療脱毛のレーザーとどこがどう違うのかというと、レーザーの強さなんです。
医療脱毛はレーザーのパワーが強く、脱毛サロンのそらが弱いんです。
したがって、脱毛サロンの施術では、1回のレーザー照射では細胞が壊れないので、何回も何回もサロンに通うひっつようがあるんです。