リフォームローン高齢者の場合は?

【高齢者でも利用できるリフォーム融資制度がある】一般的にリフォームローンは普通の住宅ローンと比べて利用する際の年齢が高いのが普通です。
それはそうかもしれません。
なぜならリフォームとは住宅を購入してかなりたってから必要になるのですから、利用者もそれだけ年齢を重ねているからです。

したがって高齢者である場合も少なくありません。
まあ高齢者といってもさすがに65歳は過ぎてはいないでしょうが、それに近い人がいても不思議ではありません。
でもそうした人にでも金融機関はリフォームローンで資金を貸してくれるのでしょうか。
<高齢者向け返済特例制度>これは住宅のリフォームが必要な高齢者に対しての住宅金融支援機構の融資制度です。
この制度は高齢者がバリアフリーなどの工事をするための融資制度で返済期間は本人死亡時までとし、毎月の返済は金利分だけで、元金は本人死亡時(連帯債務者も含む)の一括返済になります。